×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ピクテ投信投資顧問

ピクテはその200年に及ぶ経験と知識によって築き上げられた、資産運用の成功の鍵は@長期投資、A分散投資、B一貫した運用哲学と考えられます。
ピクテはこの3つの点を長期的に維持・実践するため、パートナー制の経営による独立経営、財務内容の健全性維持、グローバルな運用拠点の展開、そして優れた人材の確保と組織の長期安定に力を入れています。
資産運用では分散投資、長期投資、そして一貫した投資哲学が投資を長期的に成功させる重要な要件と考えています。グローバルに築き上げられたピクテの特色ある資産運用サービスを、ピクテ投信投資顧問が日本のニーズに合った投資信託の商品として提供しています。日本に運用チームを持って運用する日本株式投資の商品は、その優れた投資成果から、投資信託商品のみならず、年金資金運用にも組込まれています。

スポンサード リンク

ピクテ資産運用

ピクテの資産運用は、200年の経験が培った柔軟な発想と一貫した運用哲学です。
ピクテの資産運用サービスの基本は、個別ニーズにきめ細かく対応し、ピクテならではの柔軟な発想によるサービスを提供する点にあります。
ピクテの運用哲学は「アクティブ運用」「組織的運用」「リスク管理」が基本になっています。
運用においては、会社訪問を重視した調査に基づく企業のファンダメンタルズ分析によるボトム・アップの手法をとっています。
投資調査では、ピクテの投資アナリスト、ポートフォリオ・マネージャーが独自に調査して銘柄評価を実施している他、各業界や学会の実務家や専門家からなるアドバイザリー・ボードを設け、技術・業界動向を高度な専門家の視点からアドバイスを受け投資のための調査を行っています。

ピクテ資産管理

資産運用サービスに欠かせないインフラのひとつが、資産管理です。
ピクテが世界に張り巡らせた資産管理網は、80ヵ国以上におよびその完成度の高さに対し、欧米の年金基金、投資顧問会社が高い評価をしています。
日本では1997年に年金業務に本格的に参入、特化型運用商品を中心に、年金基金、変額年金の実績を重ねてきています。
ピクテの日本株式運用は、会社訪問を通じての独自の収益予想に基づき投資する、成長株投資を特色としています。
グローバル新興国市場投資において、ピクテ内の資産管理部門が持つ機能と情報網を活用し、より多くの国への分散投資を可能とし、ピクテ独自の銘柄選別プロセスを通して優れた成果を達成しています。
日本における年金資産受託は、日本株式、グローバル新興国株式、欧州株式等で、行っています。

Copyright © 2008 ピクテ投信投資顧問で資産倍増計画